林檎生活

MacとiPhoneを使い倒す人のブログ

iPhone4のある生活

iPhone4のある生活結局iPhoneを買ってしまいました。

思えば昨年の6月にTwitterやら色んなニュースサイトでiPhone3GS発売のニュースを見たのがiPhoneに対して興味を持ったそもそもの始まりだったわけですが、当時はdocomoの携帯を使っていたものですから、やれ携帯のキャリア変更だのNMPだのの手続きが面倒くさくて敷居が高かったわけです。

それに1年毎に新機種が出るのにSoftBankの契約が2年縛りを前提にしたものしかないのが気に喰わん。これじゃあ新機種が出て買い換えるとき面倒じゃないか。ならいっそキャリアとの契約に依存しないiPod touchを使い、家の外での通信はモバイルルーターを使用する事で新機種が出てもスムーズに買い換える事が出来るんじゃないか。そう思ってどこでもWi-Fiのデカさと回線速度の遅さにイライラしたり、Pocket WiFiのコンパクトさに感動したり回線速度に満足したりしているうちに、このままiPod touch+モバイルルーターで頑張れそうな気がしてきました。それが去年の11月ぐらいまでの話。

んで、そんな葛藤と試行錯誤を繰り返したにもかかわらず、「iPod touch+モバイルルーターだけでやっていこう」という決意はiPhone4の発表であっさりと覆されることになりました。
んで今に至るわけですが、今までと同じようにというか今まで以上に使い倒しているところです。むしろもっと早く買った方が良かったんじゃないかってぐらいに。

使い心地は言うまでもなく上々の上々。元々MacにiPod touchのヘビーユーザーだったものですから操作の違いに戸惑うなどといった事もなく、むしろ今までの環境よりもずっと快適になりました。
なにせ今まではiPod touch+普通の携帯+モバイルルーターと最低3種類は持ち歩かなきゃならなかった上、iPod touchばっかり触ってるもんだから携帯の方はカバンの底に忘れ去られたままでメールの着信どころか電話の着信にすら気付かないなんてこともザラでした。
しかし今では全て一本化されてしまっているので、ポケットにiPhone一つ入れておくだけで全て事足りますし、着信に何時間も気付かないということもなくなりました。いや、今でも人ごみの中だと着信音に気付かないとかで出られなかったりすることもあるけど。

それからiCalの中身とかメールとかiTunesの中身が全部同期されるというのもありますが、これはiPod touchの頃からずっとそうだったから今更特筆することはなし。それよりカメラとGPSが付いたのが最強。今までだと地図上で現在位置を表示しようにも表示されるのはPocket WiFiの基地局の位置なわけで、そのためおおよその位置しか掴めなかったけど、iPhoneにはGPSが搭載されているもんだから今現在いる位置がかなり正確に掴める。コンパスもあるから自分が今どっち向いてるのかも一目瞭然。

あとやっぱ形もいい。3GSまでのiPhoneは背面がプラスチックでiPod touchより太り気味だし全体的に締まりがなくてどうにも好きになれなかったけど、iPhone4は角の丸みを欠いた直線的でシャープな形に背面はガラス、外周を銀色の枠で縁取られたのも悪くない。まあこれは直接触ると電波の受信状況が悪くなると世間的には評判悪かったらしいですが、元々ケースに入れて使う派の自分には最初からあまり問題にはなりませんでした。

ちなみにケースはsimplismのFlipCaseを使っています。やっぱり落っことした時の耐久性を考えるとiPhone/iPodのケースはレザーケースが良かったし、片手でグリップするには横開きではなく縦開きの方がいいのでこれに決定。
iPhoneをはめ込む枠はレザーではなくプラスチックになっていて、カチっとぴったりハマるようになっています。ケースの枠部分が画面の縁にせり出してキーボードを打つ邪魔をしないので非常に快適。見た目も高級感があるので気に入ってます。

関連する記事:

 

Comments: 1

Leave a reply »

 
 
 

私ももっとはやく買っとけばと感じた一人です。
が、3GSだったら・・・と考えると?(はてな)です。
カメラの画質とLEDのついた4でよかったなと思います。

 
 

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
 
 

 
Resources