林檎生活

MacとiPhoneを使い倒す人のブログ

イーモバイル Pocket WiFi (D25HW) 使用レビュー

イーモバイル Pocket WiFi (D25HW) 使用レビューイーモバイルから発売された無線LANルーター、Pocket WiFi(D25HW)を購入した。
モバイルルータに関しては、どこでもWi-Fiがあるので別に必要ないといえば必要なかったかもしれないのだけど、速度や大きさなどの面で不満があった為、イーモバイルあたりからもっといい製品が出れば乗り換えを検討していたのである。

まず使い勝手だが、Pocket WiFiは普段使わないときは待ち受け状態で電源のみ入った状態にしておき、使いたい時には横にあるWiFi/WPSボタンを長押しすることで無線LANをオンにして使うことになる。
元々電源が入っている状態からボタン操作で接続することになるため、当然ながら接続までにかかる時間は極めて短く、せいぜい十数秒程度しかかからない。どこでもWi-Fiの時には電源を入れてから40秒ほどかかり、iPod touchの準備が出来てからもつながるまで待たなければならなかった事を考えると非常に快適になった。
また、使用機器との接続が途絶えてから一定時間後に無線LANやインターネット接続を切断する機能も付いているため、使い終わった後に電源を切り忘れても問題ないのも非常に有り難い。

ただしその代償として電源の減りが早く、常時電源を入れている場合はあっという間に電池が空になる。公称では連続通信時間は約4時間、待ち受け状態だと100時間は持つと言われているが、実際の体感時間はもっと短いような気がする。
どのみち電源を入れたままでは少しずつ電池も減って行くので、長時間使わない時には電源はオフにしておいた方が良さそうではある。でないと数日使わないでいた後に持ち出してみて、いざ使おうとしたら電池残量が空っぽで使えない、などということになりかねない。
また、iPod touchの方もどこでもWi-Fi時代に比べて電池の減りが早くなった気がする。iPod touch自体が元々WiFi使用時には電池の減りが非常に早い機種ではあるが、ルーターの方でこまめに電源を切ったりしなくていい運用方法に切り替えたせいか、touchがWiFiに接続されている時間が増えたのかもしれない。
ちなみに接続設定に関しても、手動で接続した後は常時接続にするマニュアルモードへの切り替えや、データ送受信が無い時に接続を切るまでの時間の設定なども可能である。詳しくは公式サイトからダウンロードできる取扱説明書の「各種機能を設定する」を参考にされたし。

そんなわけでtouchとの組み合わせで運用する場合には、モバイルバッテリーも必須と言えるだろう。自分の場合は以前から愛用していたFILCO パワーバンクスリム3.0FPS440Kが非常に役に立ってくれている。iPodやiPhoneに正式対応しており、外出先で電池切れを起こした時の備えとしてカバンに常備していたのだが、USBで出力する為に非常に汎用性が高い。大きさも重さもこの手のバッテリーの中では比較的スリムで軽い方なので邪魔にならない。
Pocket WiFiでも問題なく使う事が出来た。付属の短いUSBケーブルを使って給電すれば電池残量が少なくても使う事が出来る。ただし通信中は充電が出来ず、給電のみとなる為注意が必要だ。

それから特筆すべきは何といっても通信速度。イーモバイルの通信速度は最大で7.2Mbpsと謳われているが、実際のところはそこまで速度がでることは滅多に無く、大阪や神戸周辺ではいい時でも1〜2Mbps、平均速度は大体500〜800kbps前後といったところ(場所と状況によって良い時と悪い時のムラがかなりある)。
しかし500〜800kbpsというのはiPod touchからWebブラウジングをしたりするには十分な速度で、Safariでサイト閲覧をしたりTwitterや地図アプリを取得するのもストレスにならない速度でサクサク表示される。
ましてやウィルコムのどこでもWi-Fiで50kbpsを遥かに下回るような回線速度で(Safariのページ表示に数十秒を要していた)、我慢に我慢を重ねていた身にとっては何とか使えない事も無い、などではなく、非常に満足の行く速度となっている。
まあもっとも、自宅の回線も光なのにAirMacとの距離が離れているせいで400kbpsぐらいしか出ない回線速度に慣れちゃってるせいで早く感じるのかもしれないが。
それからイーモバイルの電波の特製として奥まった建物や地下では通じない事があるので、地下鉄の駅などでは使えない可能性がある。暇つぶしでのネット目的ならそこは潔く諦めるしか無さそうだが、どうしてもと言う時にはDoCoMoの携帯を使うことになりそうではある。

料金プランとしてはバリューデータを選んでみた。月300MBまでは2980円で使えるが、それを越えるとあっという間に最大料金の5980円に到達することになる、ある意味スリリングなプランである。
毎日のように使い倒すのであればデータプランやスーパーライトデータプランを使うのが妥当なところだろうが、自分の場合は普段は家や職場にある無線LANを使用しているため、この機器を毎日使うわけではない。バリューデータプランなら無料通信分の範囲内で使えそうなので、使えば実質満額になるスーパーライトデータプランやデータプランよりは割安になるという理由でこのプランにした。
実際、使ったその日に本体の設定画面やMy EMOBILEで通信量を確認したところ、一日の外出で使った通信量は大体20MB程度だったので、これなら月額3000円程度のコストで使えそうではある。

大きさの面でも、非常に小さく薄く軽い筐体である為に、カバンの中でも場所を取らないし荷物が軽くなったというのは非常に有り難い。
ただ裏面がツルツルしていて滑りやすく、プラスチックなので傷もつきやすそうなので、何かケースに入れて持ち歩いた方が良さそうではある。最初はサントリーの伊右衛門のオマケで付いてきていたポーチを使っていたが、口の閉じ方が甘いのに加えてPocket WiFi本体がツルツルで滑りやすいせいか、意図せず袋の口からツルリと飛び出して来やすいので、ファスナーで開閉する小物入れに変更したら丁度良くなった。丁度ファスナーを開いたところにボタンがあるため袋から取り出さなくとも押す事ができるし、カバンの中から取り出す時にも出しやすい。

Pocket WiFI Poket WiFi

ちなみに私が使っているのはLeSportSacのKEY COIN POUCHで、元々は鍵や小銭入れとしての用途を想定して作られているらしいが、厚みの少ないPocket WiFiを入れるには丁度いい大きさになっていた。
そういえばどこでもWi-Fiを持ち運ぶ為のケースも同じメーカーのSQUARE COSMETICというポーチを使っていたが、これも丁度いい大きさだった。
もっとも価格が約2000円台と少々割高なので、同じような材質と大きさのポーチを使うのであれば、もう少し安いのがあるかもしれないが。そもそも作ってしまった方が極めて少ないコストで手に入った気がする。もう遅いけど。

ところで、どこでもWi-Fiの方だが、これを機会に解約する事にした。
元々はiPod touchを外でも使いたいが為に持ち歩ける無線LANルーターが欲しかったのだが、選べる選択肢が少なく他に手頃な商品が無かった為にやむを得ず飛びついたようなもので、もっといい製品が出るまでのつなぎとして使おうと思っていたので問題ない。本体一括買いのW-VALUE SELECTなので解約料もかからないしね。
ウィルコムは抜けやすいプランを提供してくれたからいいものの、イーモバイルは一度加入してしまえば二年縛りの制約が非常に厳しいプランにせざるを得ないわけで(縛り無しだと割引が効かない)、不満があっても簡単には解約出来ないためある意味バクチだったわけだが、使ってみた印象としては、予想以上の快適さだったので当分は使い続けようかと思う。

 

Comments: 1

Leave a reply »

 
 
 

[…] WiFi(D25HW)」レビュー(後編) 林檎生活 イーモバイル Pocket WiFi (D25HW) 使用レビュー ASCII.jp×デジタル 2つのSIMを使えるソフトバンク版Pocket WiFiを検証 […]

 
 

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
 
 

 
Resources