林檎生活

MacとiPhoneを使い倒す人のブログ

続・iPhone買い替えに対する検討

続・iPhone買い替えに対する検討以前の日記で現在使用中のDoCoMoの携帯からiPhoneへの乗り換えを画策していたが、やはり乗り換えではなく新規でもう一回線契約して、今までの携帯と併用した方がいいような気がしてきた。
理由はどこでもwi-fiがあんまりにも不便な為である。いくらiPod touchのまま携帯と同じようにどこでもネットできるようになるとはいえ、あの白くてかさばる上にすぐ熱くなる箱を持ち歩くのも邪魔だし、使う度に電源を入れたり切ったりしないといけないのが地味に不便だし、何よりあの回線速度の遅さは地味にストレスである。
あとはやっぱりiPhone 3GSの方が欲しくなってきたのも原因の一つである。何だかんだ言ってもiPhone 3GSの方がiPod touchよりも出来る事は多いし、そろそろ16GBでは容量が押され気味になってきたような気がする。

とはいえ買い替えで古い方の携帯を完全に捨ててしまっては、不便な事の方が多い。Edyや携帯サイト接続が出来なくなるし、何より乗り換えにしてもキャリアが違うので番号はそのままでもメールアドレスは変わってしまうので、どっちみちデメリットの方が大きい。

だとしたら、トータルの値段が多少高くなることさえ度外視すれば、iPhone新規契約して併用する方がスムーズに行くのではないかと思う。DoCoMoは電話とEdyを中心に、iPhoneはインターネット端末とカメラに特化して使い分けてしまえば、少なくとも何かが足りない不便さは回避できるような気がする。DoCoMoの携帯でネット使うの止めたらその分料金も減るわけだし。自分の場合は一番安い基本料金プラン+パケホーダイダブルで来月からは月額で大体3000円ぐらいまで減らせる計算になる。
更にSoftBankの方でも2009年9月30日まで期間限定キャンペーンをやっていて、月額料金が少しだけお安くなるのも背中を押されている原因だったりする。まあ、安いつーてもネット使いまくりだとすぐさまパケット定額フルの上限来てしまうだろうから、SoftBankだけで月額6000円ぐらいになってしまうだろうけど。

6000円か……うーん、やっぱり高いな。どうしたものか。
どこでもwi-fiを使っていれば、確かにランニングコストは格段に押さえられる。
だがしかしいくら安くともここまで遅くては安かろう悪かろうにも程がある。
それに第一、二年が経てばwillcomの月額料金は980円から3880円に一気に跳ね上がることになる。その料金にこの不便さが釣り合うとは思えないわけで。

唯一気にかかるのが解約手数料だが、自分の場合はW-VALUE SELECTで契約したので手数料はかからないようだ(参照:電話の契約を解約したい。)。
本体は奥にでも出してしまえばいくぶんかの元は取れる。幸いにしてamazonで購入した時の値段が安かったので、運が良ければ本体代金ぐらいは回収できそうではある。

関連する記事:

 

Comments

No comments so far.

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
 
 

 
Resources