林檎生活

MacとiPhoneを使い倒す人のブログ

iMacメモリ増設完了

iMacメモリ増設完了なんとかメモリ交換完了しました。

うちのiMacは2008年7月モデルなので、今回の増設に使用したメモリは台湾製PC5300 DDR2-667の2GBメモリの2枚組。iMacのメモリスロットは2つしかないので、元々入っていた1GBメモリ一枚を外して2GBメモリ2枚を搭載することになる。
本当は2GBメモリを一枚追加するだけでも十分だとは思っていたけど、やふおくで探していたら2GBメモリの2枚組があったのでそっちを購入。台湾製というのが気にかかったが、6000円と安かったので購入することにした。Apple純正のは1枚でも10000円はするからなぁ。

最初に入れた時押し込み方が甘かったらしく、電源ボタン押した途端にでっかい音で「ぶーっ、ぶーっ、ぶーっ」となり始めたのには本気でビビった。
んで慌てて抜こうとしたら右側のメモリが抜けなくなってた。左は抜けるのに右側だけが出てこない。仕方がないからもっと奥まで押し込んだら、きちんとフタがしまるようになり、ちゃんと電源も入った。

メモリ交換後は当然ながら随分速くなった。起動するまでにDockで3回ぐらい跳ねてたアプリが1回跳ねるだけで起動するようになった。
そしてどうしてもインストールできなかった英辞郎だが、一晩中かかっても出来なかった変換処理を1時間ほどで無事終えることが出来た。その間アクティビティモニタを見ていたところによると、「ruby eiji_conv.rb < Eijiro.txt > MyDictionary.xml」の処理のところで1.5GBほど、その後のmake installの処理のところで最大2.4GBほどの仮想メモリを占拠していたということが分かった。どっちみち1GBメモリでは無理だったわけだ。

関連する記事:

 

Comments

No comments so far.

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
 
 

 
Resources